目次

・相続、遺言の費用

・離婚、男女関係、別居(調停、裁判、慰謝料など)の費用

・相続放棄の費用

・後見(成年後見など)の費用

(注:消費税抜きの概算額です。個々のケースにより増減します。)

〇家事手続き費用の目安

~相続・遺言について~

例1:相続財産(総額3000万円)の遺産分割が成立し、1000万円を得たとき

  →(着手金)40万円、(報酬)58万円、(日当・実費)数万円

例2:保有財産(総額3000万円)を単に子供に分ける内容の遺言(公正証書)を作成したとき

  →(定型遺言の手数料)10万円、(公証人費用)別途数万円

~離婚・男女関係・別居について~

例3:離婚すること以外特に争いはない場合で、調停において離婚できたとき

  →(着手金)25万円、(報酬)25万円、(日当・実費)数万円

例4:別居親として、監護者指定及び子の引渡しの審判申立をし、認められたとき

  →(着手金)30万円、(報酬)30万円、(日当・実費)数万円

例5:夫の不倫相手に慰謝料として200万円を請求し、100万円を得たとき

  → (着手金)10万円、(報酬)16万円、(日当・実費)数万円

~相続放棄について~

例6: 死後3か月以内の相続放棄の申立が受理され、債権者への対応も行ったとき

  →(手数料)5万円 +(報酬)なし +(実費)数千円

~後見について~

例7: 後見人を親族とする成年後見の申立をしたとき

  →(手数料)20万円 +(実費)数千円  +(医師鑑定料)10万円程度