目次

○費用のお支払いについて

○費用の事前説明について

○具体的な弁護士費用の目安

〇費用のお支払いについて

 収入や資産などの状況を考慮させていただき、場合によっては、分割でのお支払いなど、無理のないお支払い方法も対応可能ですのでご相談ください。

 また、収入や資産の乏しい方に対しては、弁護士費用の援助を受けられる制度を積極的に利用し受任しております。

〇費用の事前説明について

 着手金、報酬、実費等のお支払いいただく費用については、受任の際に、委任契約書にすべて明記したうえで、ご説明します。委任契約書に記載がないものを請求することはありませんのでご安心ください。なお、弊事務所では、弁護士会で従来定められていた報酬規程(旧報酬基準)に則して報酬規定を定めております。

着手金とは

→弁護士が業務に着手すること自体に必要な報酬です。手続き結果にかかわらず返還されません。

成功報酬とは

→手続き結果が、ご依頼者の希望に沿うものとなった場合に、その程度に応じて発生します。

実費とは

→裁判書類に貼付する印紙代、通信にかかる切手代、証明書等の交付手数料、裁判所に納める予納金、交通費などが含まれます。実費がどの程度の額になりそうかについては、事前に、ある程度ご説明できますのでご安心ください。

〇具体的な弁護士費用の目安

→一般民事についてはこちらへ←

→家事(相続、離婚、男女問題、後見など)についてはこちらへ←

→刑事(弁護や犯罪被害)についてはこちらへ←