〇業務の内容 

 以下のような場合、被疑者(被告人)の弁護人として、身柄拘束場所での接見、逮捕勾留からの身柄の早期解放活動、被害者との示談交渉、刑事裁判での弁護主張などを行います。

  • 万引き、暴行、薬物、交通違反等の犯罪で警察に逮捕されてしまったとき
  • 身に覚えのない犯罪で逮捕されてしまったとき
  • 逮捕や勾留から早く解放されたいとき
  • 刑事裁判を起こされてしまったとき
  • 刑をできるだけ軽くしてほしいとき
  • 被害者と示談したいとき

 以下のような場合、犯罪被害者の代理人として、加害者への被害回復請求、意見陳述等の刑事裁判への参加手続きを行います。

  • 犯罪の被害者になってしまったとき
  • 加害者から示談の申し入れがあったとき

→弁護士費用の目安はこちらへ←