目次

・自己破産について

・任意整理について

・過払い金請求について

・個人再生(住宅ローン特約)について

・借金の時効について

・知人、ヤミ金からの借金について

・借金の相続放棄について

・お手続きの流れ

・費用の目安

〇業務の内容 

 以下のような場合、代理人として、相手方との交渉をしたり、 裁判所に対して申立等を行います。

~借金をゼロにしたいとき~

 →裁判所に自己破産を申立てます。

 →詳しくはこちらへ(自己破産のご説明)←

~なんとか返済していきたいとき~

 →任意整理を行います。

  貸金業者と交渉し、返済期間を延ばしたり(3~10年間)、利息や損害金をカットするなどの和解をします。

~過払金を取り返したいとき~

 →過払金請求を行います。

  完済している場合は、完済から10年以内であることが必要です。完済していない場合、過払金は残っている借金に充当されます。

~住宅ローン付きの自宅だけは守りたいとき~

 →裁判所に個人再生を申立てます。

  住宅ローンはそのまま返済し、その他の借入れを最大5分の1にまで減額して原則3年間で返済します。

 →詳しくはこちらへ(個人再生のご説明)← 

~何年も放っておいた借金の請求がきたとき~

 →場合により、時効の手続をとります。

~知人や親戚、ヤミ金からの借入れがあるとき~

 →同様に手続き可能です。

~亡くなった親族に借金があり、相続したくないとき~

 →場合により、相続放棄や消滅時効の手続をとります。

 

〇お手続きの流れ

  1. 事務所にお越しいただき、ご事情をお聴きした上で、借金整理に最も適した手続きを判断し、今後の手続きの流れと費用の概算をご説明します。
  2. ご依頼の場合には、業務内容や費用などを明記した委任契約書を作成させていただきます。なお、破産、個人再生、相続放棄等に関しては、裁判所に申立を行います。過払金請求、時効手続き等に関しては、 交渉又は訴訟を行います。
  3. 業務内容に従い、 代理人として、各貸金業者に受任通知を送付します。その後は各貸金業者からの連絡や請求が依頼者様に直接いくことはなくなり、また、一旦返済もストップできます。手続き費用は返済がストップしている間に積み立てていただきます。
  4. 各業者からこれまでの取引履歴の明細を取り寄せ、これをもとに返済していくのか(任意整理、個人再生)、返済しないのか(自己破産)の手続を進めます。
  5. (任意整理の場合)各業者と交渉し、合意ができた時点で手続き終了となり、その後は合意書で定められたとおりに分割返済していきます。
  6. (個人再生の場合)住宅ローンはそのまま支払い続けながら、裁判所に申立てをします。6か月ほどで決定がでますので、この時点で手続終了となり、その後は裁判所の決定で定められたとおりに住宅ローンと共に他の借金を分割返済していきます。
  7. (自己破産の場合)裁判所に申立てをしますと、少なくとも1回は出廷することになります。その後、免責決定がでましたらその時点で手続終了となり、借金を支払う義務が消滅します。

→弁護士費用の目安はこちらへ←